からだケア

【おいしさ重視で比較】ジンジャーシロップのおすすめは?

ジンジャーシロップのいいところは、生姜焼き・ホットミルク・ヨーグルト・炭酸水など「日常の食生活」に取り入れやすいこと。

ぽかぽか温まるので、冷え性で悩みがちな女性への贈り物としてもおすすめです。

「健康のために毎日、生姜をとりいれてみよう」そう思いたち、好みのジンジャーシロップを求め、さまざまなタイプのシロップをお試し中。

新しいのを試しつつ、おすすめのジンジャーシロップを追記していきます!

さかぽん
2020年5月現在の一番のお気に入りは「生姜黒蜜」です。少量でも炭酸水やホットミルクがおいしくなる濃厚さ♪

ジンジャーシロップの選び方

”とりあえず毎日、生姜を取り入れる”とさまざまな製品を購入してみて、自分なりの選ぶポイントがでてきたのでご紹介します。

コスパで選ぶ

最初は値段だけみて選んでいたのだけど、実際に使用してみることで、値段だけではわからない「コスパ」も見えてきました。

市販品のジンジャーシロップで多いタイプは、サラサラとしたシロップ。飲みやすくて美味しいものの、一度に使う量は比較的多め。

美味しさを求めて量を入れすぎると5〜6回の使用で使いきってしまうため、「日常の癒し」を求める人におすすめです。

「定期」でも展開しているジンジャーシロップは、コスパ重視の人におすすめ。

定期=1ヶ月の分量を想定されていることが多いため、とろみがあり、少量でも満足できる味です。

さかぽん
容量と実際の使用量を比較してみると、意外と価格が高い方がコスパがよかったりします

原材料で選ぶ

ジンジャーシロップによく使われる「シロップ」の原材料。栄養面も考慮するなら黒糖、ダイエットも考慮するならハチミツがおすすめ。

ハチミツを「1歳未満の乳幼児に与えないように注意」することは有名ですが、黒糖も同様に注意が必要です。

参考:黒砂糖の方が白砂糖より栄養素や美容など健康面で優れている?沖縄の人が黒糖を進める理由

黒糖

上白糖(白砂糖)は、「糖蜜」を分離して結晶を使ったもの(精製糖)。対して黒糖は煮詰めて濃縮したものなので「糖蜜」もそのまま(含蜜糖)。

上白糖と黒糖を比較すると次のような違いがあります。

  • 上白糖100g384kcalに対して、黒糖は356kcal
  • GI値約110に対し、黒糖はGI値100くらい
  • ビタミンとミネラルが豊富で、カルシウムは上白糖の240倍

つまり砂糖よりもカロリーが低い、血糖値が上がりにくい、栄養豊富という特徴があります。

コクのある味わいが特徴で、牛乳と組み合わせるとカルシウムの吸収率が高まるのでおすすめです。

蜂蜜

蜂蜜は100g294kcalと砂糖と比較してカロリーが低くなるので、カロリーを気にする人におすすめ。

とはいえ一度に使用する量や製品のカロリーにもよってくるので、ジンジャーシロップを使う場合にはシロップのカロリーと使用量を気にするといいかもしれません。

スポーツの場面で、合間に「ハチミツレモン」が登場するイメージもあると思います。ハチミツは体内に吸収されるのが早くエネルギーに変えやすいので、胃腸への負担も少ないからです。

コスパ抜群の「ドクターベジフル/生姜黒蜜」

”毎日の生活に生姜を取り入れたい”と考えている人におすすめなのが、ドクターベジフルの生姜黒蜜。

「生姜黒蜜」は野菜の専門家が5年の歳月をかけて完成させた、原材料が全て九州産のこだわりシロップです。

【内容量:200ml】で、生姜・黒糖・麦芽糖の純度100%。


原材料名

黒糖(九州産)、生姜(九州産)、麦芽糖(九州産)

余分なものが一切入っていないので、シロップが濃厚でほんの少し”とろみ”があります。

どんな味か心配だったのだけど、たまに市販の生姜シロップで感じる”変な嫌な甘さ”的なのがないんです。

そのおいしさの秘密は、昔ながらの手作業でサトウキビを絞ってできる鹿児島産の「黒糖」。

黒蜜はデザートにもよく使われているので、安心感のある美味しさの中にしっかりと生姜を感じます。もちろんヨーグルトにもぴったり。

そして何よりもおすすめな点が、濃厚なので少量でも十分な味がしてコスパがいい!

ジンジャエールとして炭酸水に入れると美味しくない、もしく少量だと味が物足りないシロップも多い中、「生姜黒蜜」は少量でも満足できる味に。炭酸水にすっと溶け込んでくれます。

「生姜黒蜜」は楽天・Amazonでも購入できますが、2,980円ほど。

安く購入するなら、公式サイトがおすすめ。初回購入が1,950円です!

これなら続けられる!と確信できたおいしさです♪
さかぽん
\\おいしくてコスパ抜群//

やみつきになる濃厚さ《無添加生姜シロップ》



毎日スッキリ!5000億個の乳酸菌入り「乳酸ジンジャー」

飲み続けるほど体の中からすっきり!贅沢な生姜シロップが「乳酸ジンジャー」。

【内容量:300ml/原液30ml当たりエネルギー53.4kcal】で、乳酸菌5000億個、水溶性食物繊維、ミネラル成分36種類以上配合、生姜エキスと粉末のWパワー、黒糖&柚子エキス・・・と贅沢に詰め込まれています。

原材料名

水溶性食物繊維(国内製造)、黒糖蜜、粗製糖、生姜しぼり汁、フルボ酸エキス、生姜粉末、柚子果汁、植物性乳酸菌末

瓶のキャップを外したら、プラスチックのものに変更。

茶色のシロップで少し”とろみ”があり、生姜の辛味の後に感じる”爽やかなゆずの酸味”がおいしく感じます。

そのため、紅茶やヨーグルトとの相性もバツグン。

炭酸水のボトルに入れるとシロップが沈んでべっとり。

そのため、炭酸水に使用する場合はコップに入れてから混ぜるのがおすすめ。水・炭酸水・お湯などでおいしく飲むための希釈は3〜4倍です。

「乳酸ジンジャー」は楽天・Amazonでも購入できますが、4,320円〜。

他のジンジャーシロップより高く感じるけれど、300mlの容量なので他と同じぐらいの価格(ジンジャーシロップは200mlの容量のものが多いです)。

ショウガ粉末としょうがの絞り汁

安く購入するなら、公式サイトがおすすめ。初回購入が3,456円です!

辛い×甘味にプラスされる柚子の酸味がお気に入り!ついついそのまま舐めてしまいます。
さかぽん

辛口ジンジャエール好きにもおすすめ「野田ハニー/マヌカはちみつ入りジンジャーシロップ」

”美味しさ重視のジンジャーシロップ”を求める人におすすめしたいのが、カルディで購入した野田ハニーの「マヌカはちみつ入りジンジャーシロップ」。

【内容量:200ml/原液100ml当たりエネルギー145kcal】

原材料名

はちみつ(マヌカ蜂蜜27%)、果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、しょうが汁、イソマルトオリゴ糖シロップ、レモン果汁/香料、香料抽出物

ネットでは見当たらなかったので、カルディ限定の商品かもしれません。

同じ野田ハニーの商品がわりと近いのかも?

この「マヌカはちみつ入りジンジャーシロップ」、直接舐めても大丈夫なぐらい控えめな甘さでクセがないので、他の食品とうまく調和してくれるんです。

ヨーグルトに混ぜると辛味がまろやかに。

ホットミルクに混ぜてもGOOD!

炭酸水に入れると辛さのあるジンジャエールに。辛口ジンジャエールの美味しさを味わえ、500mlペットボトルに直接入れて飲むのがお気に入りです。

おいしくてあっという間に使いきっちゃったので、日常で贅沢を感じたい人におすすめ!
さかぽん

贈りものにも最適「銀座のジンジャー/ドライ・ジンジャーシロップ」

銀座のジンジャーシロップは、定番のジンジャーシロップから、柚子・レモン・ブルーベリー・いちごと組み合わせたシロップもあり、楽天で贈り物としても人気です。

楽天にはなく、Amazonで販売していたのがドライ・ジンジャーシロップ。定番のジンジャーシロップにさらに生姜の味わいを強くしたものです。

【内容量:200ml/1本当たりエネルギー382kcal】

原材料名

砂糖(国内製造)、生姜汁、生姜ペースト、レモン果汁、レモングラス、胡椒、唐辛子、スターアニス、山椒、シナモン、クローブ/増粘剤(加工でん粉)

ボトルには生姜ペーストが沈殿しています。おすすめの希釈は4倍(ジンジャーシロップ:割り材=1:3)と記載されていました。

そのまま舐めると甘みと生姜の辛さを強く感じます。

チャイやコーヒーなどに混ぜて飲むのがおすすめ。

500ml炭酸水に混ぜると、飲み終えるまでに再び沈殿して底に溜まるので、一度に飲める量に使うのがいいかも?

定番・プレーンジンジャーシロップにさらにフレッシュ感いっぱいの生姜汁を加えることで、生姜の味わいがより強いドライ・ジンジャーシロップ

関連コンテンツ

-からだケア

© 2020 Mienai-ミエナイ-さかぽんブログ Powered by AFFINGER5