Amazon美容系の売れ筋ランキング >>

30代〜40代|ドラッグストア店員おすすめ酵素洗顔パウダー3選!デメリットも

当サイトでは広告を含みますが、感じたままを正直にお伝えしています
  • URLをコピーしました!
さかぽん

肌悩みをきっかけに化粧品検定1級→コスメコンシェルジュに。ドラッグストア勤務経験もある、さかぽんです。(プロフィール詳細

30代、40代と年齢を重ねるにつれ肌が生まれ変わる周期「ターンオーバー」が遅くなると、古い細胞や角質が肌の上に残りやすくなり、肌トラブルにつながることも。

肌がざらざらしたり、毛穴の詰まりや黒ずみが気になりはじめたら、スペシャルケア『酵素洗顔』がおすすめ。古くなった角質や汚れをすっきりさせて、スキンケアの成分が角層まで浸透しやすいようにサポートしましょう。

酵素洗顔の選び方やデメリット、おすすめの酵素洗顔パウダーをご紹介します。

目次

酵素洗顔とは?30代〜40代を悩ます古い角質にも効果的

酵素洗顔に含まれる酵素は、主に2種類あります。

  • タンパク分解酵素
  • 皮脂分解酵素

タンパク分解酵素

角栓は、約70%の角質(タンパク質)と30%の皮脂からできています。古い角質もタンパク質。

角栓や、ゴワゴワした角質汚れのもとになるタンパク質にアプローチしてくれます。

酵素例プロテアーゼ、パパイン酵素、パイン酵素

皮脂分解酵素

過剰な皮脂を分解し、洗い流してくれます。ただし皮脂は必ずしも悪いものではなく、肌のうるおいを守ってくれるもの。

乾燥が進みがちな30代〜40代は洗浄力の強さにこだわらず、タンパク分解酵素だけでも良いかもしれません。

酵素例リパーゼ

酵素洗顔パウダーのデメリット

酵素洗顔パウダーのデメリットを知って、適切な使用を心がけましょう。

洗浄力が高い=30代〜40代は特に使用頻度に注意

多くの酵素洗顔の使用説明では、使用頻度が毎日となっていますが、30代〜40代にはおすすめできません。

酵素洗顔は洗浄力が高い分、うるおいを維持するために必要なものまで落としてしまいます。肌のザラつきや黒ずみが気になる時に、週に1回ぐらいから、スペシャルケアとして使用するのがおすすめです。

肌の状態を見ながら使用頻度を増やし、肌のヒリつきや刺激を感じたら使いすぎのサイン。肌の回復のことも考え、負担をかけすぎないような間隔を心がけましょう。酵素洗顔パウダーで洗顔した後は、普段よりスキンケアを丁寧に行なってください。

湿気に弱い

酵素は水と混ざったときに最も効果を発揮してくれます。そのため、酵素洗顔はパウダータイプがほとんど。

ボトルタイプはコスパが良いものの、湿気の多い洗面所やお風呂場といった場所に置いておくと、次第に効果が薄れてしまう可能性が。

手にパウダーを取る際に、水分がボトル内に入ってしまわないように注意も必要です。

個包装タイプなら成分の劣化を最小限に抑えてくれ、効果的な酵素洗顔を実現できます。

ドラッグストア店員おすすめ酵素洗顔パウダー3選

ドラッグストアで人気の酵素洗顔パウダーに共通するのは、カプセル状のパッケージ。個包装で開けやすく、手にパウダーを出しやすい形状です。

圧倒的な人気!黒の酵素洗顔『ファンケル ディープクリア洗顔パウダー』

酵素プロテアーゼ(タンパク分解酵素)

アミノ酸系の洗浄剤を配合。うるおいを守ってくれる糖や、1gで6Lの水を保持するヒアルロン酸が配合されているので、つっぱりも感じません。

酵素洗顔パウダーは泡立ちにくいものが多いなか、洗顔ネットを使用しなくても、手早く濃密なもっちり泡ができるのが最高!

洗顔ネットを使用すると、さらに濃密になり、気持ちの良い泡での洗顔が可能です。

そして、手にパウダーをとりやすい個包装のカプセルのおかげでストレスレス!

手軽な使いやすさも人気の理由だと思います。

ディープクリア 洗顔パウダー 全成分情報(クリック)

ココイルグリシンK、マンニトール、(ヤシ脂肪酸/パーム脂肪酸/ヒマワリ脂肪酸)グルタミン酸Na、PEG-75、デキストリン、プルラン、ラウロイルグルタミン酸Na、ミリスチン酸Na、カンテン、パイロフェライト、ミリスチン酸K、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、α-グルカン、タルク、石英、ラウリン酸Na、ベヘニルアルコール、ラウリン酸K、プロテアーゼ、炭、ヒアルロン酸Na、シリカ、パルミチン酸Na、コーンスターチ、ステアリン酸、パルミチン酸K、ラウリン酸、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、グリセリン、アラントイン、リン酸2Na、リン酸K、酸化鉄

2023年5月から数量限定のCICA&VCタイプを発売

CICA&VCの特徴
  • 保湿成分シカ(ツボクサエキス)配合
  • ビタミンⅭ(ビタミンC誘導体※製品の抗酸化剤として配合

ディープクリア洗顔が黒色のパウダーに対し、緑色のパウダーになっています。

ディープクリア洗顔パウダー CICA&VC 全成分情報(クリック)

ココイルグリシンK、マンニトール、(ヤシ脂肪酸/パーム脂肪酸/ヒマワリ脂肪酸)グルタミン酸Na、タルク、PEG-75、デキストリン、プルラン、ラウロイルグルタミン酸Na、ミリスチン酸Na、ミリスチン酸K、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、カオリン、α-グルカン、ラウリン酸Na、カンテン、ベヘニルアルコール、ラウリン酸K、プロテアーゼ、パイロフェライト、炭、リン酸アスコルビルMg、ツボクサエキス、ヒアルロン酸Na、パルミチン酸Na、シリカ、ステアリン酸、パルミチン酸K、ラウリン酸、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、石英、グリセリン、アラントイン、ローズマリー葉油、ニュウコウジュ油、ローマカミツレ花油、ジメチコン、ハイドロゲンジメチコン、リン酸2Na、リン酸K、酸化鉄、水酸化クロム

ファンケルは基礎化粧品やクレンジングオイルも優秀すぎるので、濃密もっちり泡立てネットやディープリクリア洗顔パウダーもついてくる、【無添加 エンリッチ ハリつや肌実感キット】でお試しするのもおすすめです。

写真はファンケル トライアルセットのものです。

長年寄り添い愛されているファンケルだからこそ、お悩み別トライアルセットも充実しています。

どのセットもドラッグストアで大人気のクレンジングオイル・酵素洗顔付き

おすすめファンケルのトライアルセット

選べる3種の酵素洗顔『suisai スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュ』

suisaiの酵素洗顔パウダーは、肌にあわせて選べる3種類があります。

  • うるおってふっくら肌(黄金色のパウダー)
  • うるおい守って透明感UP(白いパウダー)
  • 過剰な皮脂を吸着(黒いパウダー)

共通して、アミノ酸系洗浄成分の「ラウロイルグルタミン酸Na」「ミリストイルグルタミン酸Na」を配合。2つの酵素が配合され、毛穴の黒ずみ汚れ・角栓を除去してくれます。

酵素・プロテアーゼ(タンパク分解酵素)
・リパーゼ(皮脂分解酵素)

保湿成分「アクアグルコシド(エチルグルコシド)」「ヒアルロン酸Na」がうるおいを守ってくれるので、洗い上がりがつっぱりにくいはず。

多くの酵素洗顔パウダーと同様に、手だけでは泡立ちにくいので、洗顔ネットの使用がおすすめです。

うるおってふっくら肌『ビューティクリア ゴールド パウダーウォッシュ』(黄金色のパウダー状)

ゴールデンひまわり油(ヒマワリ種子油)・ゴールデンアボカド油(アボカド油)の美容オイルが配合された酵素洗顔パウダー。

毛穴汚れを除去しながらも、キメの乱れの原因となる乾燥を防いでくれます。30代〜40代の年齢層の人は、うるおいを重視したゴールド パウダーウォッシュがおすすめです!

ビューティクリア ゴールド パウダーウォッシュ 全成分表示(クリック)

タルク、マルチトール、ココイルイセチオン酸Na、ミリストイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウリン酸K、カラギーナン、カンゾウ根エキス、スクワラン、クエン酸、ヒアルロン酸Na、ヒマワリ種子油、アボカド油、BHT、DPG、シルク、エチルグルコシド、プロテアーゼ、リパーゼ、安息香酸Na

created by Rinker
suisai(スイサイ)
¥2,420 (2024/04/17 05:56:19時点 Amazon調べ-詳細)

うるおい守って透明感UP『ビューティクリア パウダーウォッシュN』(白いパウダー状)

ベタつきも乾燥も気にならない、幅広い年齢層向けのスタンダードなタイプ。すっきりした、つるすべ肌を目指したい人におすすめです。

ビューティクリア パウダーウォッシュN 全成分情報(クリック)

タルク、ココイルイセチオン酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Na、ラウリン酸K、ミリストイルグルタミン酸Na、カラギーナン、シルク、メチコン、イソステアリルアルコール、BHT、DPG、エチルグルコシド、乳酸、水酸化K、プロテアーゼ、ヒアルロン酸Na、リパーゼ、メチルパラベン

created by Rinker
suisai(スイサイ)
¥1,980 (2024/04/18 01:59:03時点 Amazon調べ-詳細)

過剰な皮脂を吸着『ビューティークリア ブラック酵素洗顔パウダー』(黒いパウダー状)

優れた吸着力のある「モロッコ溶岩クレイ」が配合されているので、過剰な皮脂が気になる人におすすめです。

ただし30代〜40代の肌は、皮脂を落としすぎるのはあまりおすすめできません。肌の乾燥が進んだ結果、肌の水分を守ろうとして皮脂が増えてしまっている可能性もあります(インナードライ)。

肌の状態を見て使用するようにしましょう。

ブラック パウダーウォッシュ全成分情報(クリック)

タルク、ココイルイセチオン酸Na、ミリストイルグルタミン酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウリン酸K、ラウロイルグルタミン酸Na、カラギーナン、メチコン、炭、イソステアリルアルコール、BHT、モロッコ溶岩クレイ、DPG、シルク、エチルグルコシド、乳酸、ヒアルロン酸Na、水酸化K、プロテアーゼ、リパーゼ、メチルパラベン、酸化鉄

created by Rinker
suisai(スイサイ)
¥1,980 (2024/04/17 05:56:20時点 Amazon調べ-詳細)

2種類の酵素入り『Obagi オバジC 酵素洗顔パウダー』

酵素・プロテアーゼ(タンパク分解酵素)
・リパーゼ(皮脂分解酵素)

アミノ酸系の洗浄剤「ラウロイルグルタミン酸Na」「ミリストイルグルタミン酸Na」を配合。整肌保湿成分としてビタミンC(アスコルビン酸)も配合しているのが特徴です。

こだわりのうるおい成分として配合されているのは、植物から抽出された「ヒメフウロエキス」と、海の褐藻から抽出された「アスコフィルムノドスムエキス」。

さかぽん

人気の『Obagi オバジC 酵素洗顔パウダー』だけど“泡立ちが良くない”という口コミで多いです

公式サイトの動画を見ても、それほどモコモコした泡にはなっていません。

私のベストバイ基礎化粧品
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
\ちょい生えムダ毛を駆逐したい/ 唯一のレーザー脱毛器トリアを使ってみた体験談
>>トリアの体験談・レビューはこちら<<

関連コンテンツ

目次