Amazon美容系の売れ筋ランキング >>

トリア4X体験談|家庭用レーザー脱毛器の効果、痛さは?口コミ徹底検証

  • URLをコピーしました!

これまで光(フラッシュ)脱毛で満足のいく効果を得られず失敗してきた私。

光脱毛で効果が得られなかった原因
  • 脱毛サロン:若くてキレイな人に醜い体をさらし続けるのが耐えられなかった
  • 脱毛サロン:自分のスケジュールが空いている日・時間の予約がとりづらかった
  • 家庭用脱毛器(光):効果を感じられるまでに時間がかかる上、安物だったので壊れた(レビュー記事

脱毛サロンと家庭用脱毛器(光)で失敗して、費やした金額は10万円以上。失敗した原因として、光脱毛は満足のいく効果を得るまでに時間がかかるという点。

今度こそは失敗したくないと選んだのが、医療脱毛と同じレーザー方式で唯一の家庭用脱毛器トリア・ビューティー。

ただ口コミを調べると“痛い”という意見も多かったので、検討段階で止まっていました。

今回トリア・ビューティーの方にお話を聞ける機会があり、デモ機も提供いただけたので実際の痛みや効果はどうなのか検証してみました。

さかぽん
結果、イメージと違って「楽ちん&簡単」で「想像してたより全然痛くなかった」し、成果の早さにお手入れの日が待ち遠しくなりました

唯一の家庭用レーザー脱毛器のトリアは、こんな人におすすめです。

トリアの家庭用レーザー脱毛器をおすすめする人
  • 短期での効果を期待したい人
  • 通う時間の余裕がなく家庭で脱毛をしたい人
  • “一度に全身”ではなく、気になる部分に使いたい人
痛みは調節・軽減できます!

実際に使いながら、口コミ・レビューを追記していきます!

\5月23日まで/
7000円オフ キャンペーン中
目次

脱毛は光よりレーザー!トリアをおすすめする3つのポイント

年齢を重ねるたびに太く目立つムダ毛に悩まされ、家庭用脱毛器(光)を利用してある程度の効果を感じたものの、1年ほどの利用では中途半端にまばらにムダ毛が残ってる状態。

お目汚し失礼いたします。ちょっとわかりづらい写真ですが。

さっさとムダ毛を駆逐したいぃいいいいいい!

そんな気持ちの人には、唯一の家庭用レーザー脱毛器となるトリアがおすすめです。

トリアは脱毛効果を早く実感できる!レーザーと光の違い

さかぽん
いままで値段の安さから「時間がかかってもいいや」と光を選んできた私。でも結果として光ではムダ毛を満足いくほど駆逐できませんでした...。

脱毛は主にニードル・レーザー・光の3種類で、効果と痛みもこの順。ニードル(針)は痛みが強いので、一般的には脱毛といえばレーザーか光になります。

レーザーと光では、毛根に届くか届かないかの違いがあります。効果を重視するのなら、レーザー脱毛がおすすめです。

光脱毛の仕組み

光脱毛はいろいろな形式や呼び方があり、IPL・フラッシュ・キセノンライトetc。サロンやエステも光脱毛です。

光脱毛の場合はバーコードのような広い照射口になっていて、波長がバラバラでいろんな方向に向かいます。たとえるなら交差点。

バラバラなので非効率。

家庭用の光脱毛器では、安全のためにサングラスの着用を推奨されていることが多いです。

光脱毛ではメラニン色素に熱を与えることで毛根がダメージを受け、毛が抜けるので、再び毛が生えてきます。

使用している間は減毛・抑毛の効果が期待できるので、お手入れの手間が減るのを実感できるはず。

光は照射範囲も広いので、全身の毛を少しでも減らしたい、自己処理の回数を減らしたいという人におすすめです。

光脱毛で期待できる効果は『減毛・抑毛』

レーザー脱毛の仕組み

レーザーの場合は波長が一定なので、広がることがなくまっすぐに向かいます。たとえるなら行進のように規則的に目的に向かって一直線!

家庭用脱毛器のトリアでは、サングラスは必要ありません。

レーザー脱毛では毛を育成する組織を破壊するので、組織が破壊されると毛は生えてこなくなります。

レーザー脱毛は第三者に利用することが医療行為となるため、扱えるのは医療機関のみ。厚生労働省によって、以下のように取扱についての注意がなされています。

(医療行為は)用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて|厚生労働省

医師免許を持たない脱毛サロンやエステでは、組織を破壊することが認められていません。

光よりもレーザーのほうが、しっかりとムダ毛にアプローチできるのはこういった違いからです。

自分で使う場合は医療行為にあたらず、トリアは家庭で安全に使える強さのレーザーになっています
さかぽん

レーザー脱毛は照射範囲が狭いぶん、光脱毛よりも最初のお手入れに時間がかかるのがデメリット。

けれど効果がしっかり感じられるので、継続するたびにお手入れの手間がどんどん減っていくのを実感できるはず。

さかぽん
トリアでは約3ヶ月でツルすべ肌を実感しはじめる人が多く、1年後約80%の人が効果をキープできていると感じているそうです

自宅で気軽にプロのレーザー脱毛ができる

結果を求めるなら、光よりもレーザー。そこで選択肢は医療用レーザー脱毛もしくは、唯一の家庭用レーザー脱毛器のトリア

でも私は若いころに勢いで脱毛サロンに通ったものの、通わなくなった経験が。
さかぽん
脱毛サロンに通わなくなった原因
  • サロンならではの美しい人たちの目の前に醜い体をさらす屈辱感
  • 痛いという刺激を感じた時に反応する恥ずかしさ。特にアンダーヘア
  • 自分の都合の良い時間で予約を取りづらい。時間調整がめんどう

医療用レーザーは1㎠あたり最大60J(ジュール)の機械があるのに対して、トリアは最大22J。

J(ジュール)とは脱毛力を示すエネルギーの単位です。

医療用レーザーと比較すると最大出力は劣るけれども、「家庭用脱毛器」としてなら他の人気家庭用脱毛器と比較しても、トリアは最高峰のパワー。

実際に人気商品と比較してみました…とはいっても、他の家庭用脱毛器では最大出力の記載がないものが多かったです。

さかぽん
Jの数値が大きくても「/cm²」あたりの記載になっていない場合があるので、数値だけに騙されないように注意
最大出力通常価格
トリア・パーソナル
レーザー脱毛器4X
22.J/cm²48,000円(税込)
ケノン記載なし(不明)69,800円(税込)
パナソニック
ES-WP98
記載なし(不明)オープン価格
(60,000〜70,000円?)
ヤーマン レイボーテ
Rフラッシュ ハイパー プロ
記載なし(不明)82,500円(税込)
ブラウン
シルクエキスパートPro5
6J/cm²85,580円(税込)
2022年5月現在 家庭用脱毛器比較

その他、最大出力を公開している家庭用脱毛器の多くは、1㎠あたり3〜6Jがほとんどでした。

ジュールの違い(トリア調べ)
医療レーザー
50J /
脱毛サロン
20J/
トリア
22J/
光・IPL脱毛器
6J/

なぜ家庭用のレーザー脱毛器はトリアのみなのか。

トリアは、史上初の医療用レーザーを開発した科学者たちが設立した会社です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
\ちょい生えムダ毛を駆逐したい/ 唯一のレーザー脱毛器トリアを使ってみた体験談
>>トリアの体験談・レビューはこちら<<

関連コンテンツ

目次
トップへ
目次
閉じる